パナソニックの太陽光発電で風や地震対策

モジュールや発電の機械等購入をすることを考えて、色々なメーカーについても調べるかと思います。
決して安い金額ではないですね。
そのため、一度取り付けをしたら長く使用をすることが出来るようにと考えるのではないでしょうか。
そこで、頑丈という点を考えて紹介をしたいと思います。
パナソニックについて話をします。
さきほど3つの工事の方法について話をしました。
そのうちの1つ、野地びたFの工事方法について詳細を説明したいと思います。
野地びたFは、瓦の上に台を乗せるという方法ではなく、野地に直接台を張り付けて、その上からモジュールを乗せる方法ですね。
ようは台が不要ということです。
台を設置しないことでの利点があります。
風が強く吹いた場合、台がぐらぐらしてしまうことが考えられます。
しっかりと固定をしても、台で支えているということには変わりません。
モジュールの重さなどが全て、台にかかってしまうということになります。
その点、野地に直接張り付けをすることで屋根に対して重さがかかるため、力が分散されるなど、負担を減らすことが出来るのです。
そのため、風が強く吹いたとしてもぐらつくことがないですね。
ちなみにとても勢力が強い台風と同じ風を吹かせて、揺れないかどうかが実験されているんです。
もちろん問題がありません。
台風がよく来る地域の方でも、安心をして取り付けをすることが出来ますね。
また揺れというと風だけではありません。
地震が起こった際に揺れることもあります。
2011年に東日本大震災が起きましたし、今後またいつ大きい地震が起こるか分かりません。
日本は地震が多い国でもありますし、きちんと地震対策もしておきたいですね。
揺れに強いという点から、地震が起きた時にも安心が出来る工事の方法となっています。
太陽光発電の導入をする際には、モジュールは外にむき出しとなる点を考えて、風や地震に対しても対策を取っておくことをおすすめいたします。



Parent page: パナソニックの太陽光発電で風や地震対策