パナソニックの3つの太陽光発電

ソーラーパネルの話をしましたが、モジュールと呼ばれています。
各メーカーが販売をしており、選択をすることが出来ますね。
それぞれ特徴について知っておきたいと思いますが、ここでパナソニックについて紹介をしたいと思います。
国内のメーカーで、よく名前を聞く機会もあるかと思います。
自宅にある家電製品を調べると、最低でも1つは使っているのではないでしょうか。
なじみのある会社ですよね。
ではどのような特徴があるのでしょうか。
まず屋根の上に取り付けをするときのことを考えたいのですが、方法として台の上にモジュールを乗せるという工事を行うことになります。
工事の方法は全て同じということではなくて、屋根の形や材質などにあわせて行われています。
3つ工事の方法があるのが魅力です。
1つ目の取り付け方法、野地びたFタイプについてです。
屋根の野地に直接、モジュールを取り付けられます。
通常瓦が必要になるのですが、瓦が不要というメリットがあります。
分かりやすく言うと、直にはりつけるということですね。
2つ目の取り付け方法、傾斜屋根用についてです。
一般的によく行われている工事の方法です。
瓦の上に台を乗せて、その上からモジュールをはりつけるという方法です。
3つ目の取り付け方法、陸屋根用についてです。
屋上がついているタイプのお宅ですと、屋根がないこともありますね。
屋上に専用の台を設置をして、その上にモジュールを取り付けることが出来るようになっています。
以上3つの方法があるのですが、色々な状況に対応をしてくれるので、私の自宅は工事が出来るのだろうか?
という不安も解消をしてくれるのではないでしょうか。
一般的に屋根に台を取り付けて、その上からモジュールを乗せるという方法になります。
しかしその場合瓦が必要になることがありますが、瓦がない場合のことを考えたりですとか、そもそも屋根自体がないお宅に対しても太陽光発電が出来るように配慮されています。



Parent page: パナソニックの3つの太陽光発電