モジュールの重さ

続いてモジュールを選ぶ際に考えておきたいことについて、話をしていきたいと思います。
さきほど、発電量ですとかスペースについて話をしました。
もう1つ考えておきたいのが、設置をする場所の状況についてです。
屋根の場合で話をしましょう。
屋根には形もありますが、材質もそれぞれ異なるかと思います。
瓦ですとか、セメントですとか、トタンなどの種類があります。
台の上にモジュールを乗せて設置をする方法などがありますが、屋根の上に乗せることになりますので、重さについて考えておく必要があるのです。
モジュールや台は重さがあります。
大体ですが、1平方メートルあたり20キログラムあるとも言われています。
もし屋根の上に重たいものを乗せられないとしたら、モジュールや台を乗せることが出来ないということも考えられます。
メーカーを比較する際に、モジュールの重さについても調べるようにしましょう。
もし重たすぎると乗せられないという際には、軽いモジュールを選ぶ必要があります。
軽いのはどこのメーカーなのかと確認をしたいですね。
まずはモジュールや台を乗せることが出来るのか。
確認をすることからはじめると良いです。
例えば築が古いお家に住んでいるので、重たいものを乗せられるかどうか不安だということも考えられます。
業者に来てもらって、問題がないか点検をしてもらうことも出来ます。
場合によっては補修の工事などが必要になることもあります。
瓦を全部取り替えて、重たいものを乗せられるようにする方法ですとか、壊れたりですとかヒビが入る心配がある個所を、補修しておくといったことも考えられます。
重たいものを乗せられるとしても、負荷を考えて軽いモジュールにしておくというのも、良い方法かと思います。
それぞれ状況に応じて、選択をしていく必要があるでしょう。
好きなメーカーを見つけることも大切です。
太陽光発電の導入を考える際には、設置場所の環境についても考えましょう。



Parent page: モジュールの重さ