江戸川区で太陽光発電を利用する際の注意点

カテゴリー:東京と太陽光発電の相性

最近は、クリーンで安全性の高いエネルギー源が注目されています。
一昨年前に発生した福島原子力発電を契機に、発電効率よりも安全性を重視するような風潮になってきています。
クリーンな発電設備としては、風力発電や水力発電・地熱発電もありますが、これらは大規模な設備が必要となります。
その点、太陽光発電は個人の自宅の天井を利用するなど、小規模から設備導入をすることができるので、幅広い普及が検討されています。
新規で注文住宅を購入する際にも、オプションとして選択することが可能となっています。
ただ、この設備は個人の家庭規模だと初期投資費用が相当重くなってしまいます。
自宅で発電した電力は自宅で利用できるのはもちろんのこと、使い切れなかった電力は電力会社に買い取ってもらえるので、長期間利用することで初期投資費用を回収することができますが、最初の費用はやはり負担が大きいです。
江戸川区でこの太陽光発電設備を導入する際には、区から所定の補助金を受領することができます。
これはぜひ利用したいところです。
結構細かい条件があるので、設備導入前に補助金制度をよく精査し、当てはまる設備を購入したいところです。
発電量及び発電効率だけで機器を選択するのでなく、制度をチェックすることが大事です。
専門的なことがよくわからない方は、販売店で十分に販売員の方に相談しながら適当な設備を選択したいところです。
親切にアドバイスしてくれる店舗を選ぶべきだと思います。